提供: Japanese Scratch-Wiki

2020年3月13日 (金) 12:06時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (→‎課題)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがあります。ひらがなでよむ

リミックスとは、ある作品を元に、新たな作品を作ることで、盗作とは異なる。

ガイドライン

リミックスについて、コミュニティーガイドライン上は、「Scratchで見つけたプロジェクトやアイディア、画像などすべてのものは、自由にリミックスできます。同様に、あなたがシェアしたものも、誰でも自由に使うことができます。リミックスするときは、必ずクレジット(元の作者名)を「作品への貢献」として記載してください。」[1]となっている。(=共有した作品には必ずリミックスする権利がある)これはScratchがクリエイティブコモンズ 表示ー継承ライセンスを取り入れているからである。[2][3]

課題

詳細は「プロジェクトのコピー」を参照

リミックスに関して、最近問題となっているのは、中身の加工なしでの共有である。中身を一切変えないで投稿されていたりする作品に対する処置が、議論の対象になったりもする。また、本当に僅かに変更を加えたものを、リミックスと認めるかどうかも、議論の対象になっており、課題の一つとなっている。(それを完コピとも言う) これまでに、完コピが原因でプロジェクトの投稿をやめてしまった、あるいは、気力をなくしてしまったScratcherもたくさんいる。

有名なプロジェクトをリミックスし、まったく関係のないプロジェクトで置き換えるという問題もある。こうしたプロジェクトはプロジェクトページのリミックス欄などに表示されることがあり、報告可能である。[4]

脚注