提供: Japanese Scratch-Wiki

2017年6月25日 (日) 03:05時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{about|Scratchプログラム|お知らせ|メッセージ (ユーザー)}} メッセージはScratchプログラム中で送られるもので、受信したスクリ...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

分岐.png:この項目はScratchプログラムを説明しています。お知らせについては、メッセージ (ユーザー)をご覧ください。

メッセージはScratchプログラム中で送られるもので、受信したスクリプトを実行するものです。Scratchでは、メッセージを扱う3つのブロックがあります。

メッセージに関するブロック

メッセージに関するブロックはイベントブロックにあります。Scratch 1.4以前は、制御ブロックに属していました。

メッセージを送信します。

メッセージを送信します。送信先のスクリプトがすべて終わるまで後の処理は実行されません。

メッセージを受信するハットブロックです。

送信先の制限

メッセージは、送信先を制限することができません。しかし、変数を活用して、スプライトを識別できます。

@ がクリックされたとき
[設定 v] を送る
[設定 v] を受け取ったとき//スプライト1
[ID v] を [1] にする//このスプライトのみの変数
[設定 v] を受け取ったとき//スプライト2
[ID v] を [2] にする//このスプライトのみの変数
[メッセージ v] を受け取ったとき
もし <(ID) = (送りたいID)> なら
...//ここにスクリプトを置く
end
[スペース v] キーが押されたとき//送信元
[送りたいID v] を ((1) から (2) までの乱数) にする
[メッセージ v] を送る