提供: Japanese Scratch-Wiki

(ボットによる: カテゴリ「Scratchプログラム」を「Scratch 2.0」へ変更)
(Apple bot (トーク) による編集を InterwikiBot による直前の版へ差し戻しました)
43行目: 43行目:
 
また、[[緑の旗]]を[[緑の旗がクリックされたとき (ブロック)|クリック]]するかわりに、"scratch-startclicked"というメッセージを送受信することもできた。しかし、2.0で廃止された。
 
また、[[緑の旗]]を[[緑の旗がクリックされたとき (ブロック)|クリック]]するかわりに、"scratch-startclicked"というメッセージを送受信することもできた。しかし、2.0で廃止された。
  
[[カテゴリ:Scratch 2.0]]
 
  
[[de:Senden]]
+
[[カテゴリ:Scratchプログラム]]
 +
 
 
[[en:Broadcast]]
 
[[en:Broadcast]]
[[id:Siaran]]
+
[[nl:Signalen]][[de:Senden]][[id:Siaran]]
[[nl:Signalen]]
 

2019年1月2日 (水) 04:40時点における版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
分岐.png:この項目はScratchプログラムを説明しています。お知らせについては、メッセージ (ユーザー)をご覧ください。

メッセージはScratchプログラム中で送られるもので、受信したスクリプトを実行するものである。Scratchでは、メッセージを扱う3つのブロックがある。

メッセージに関するブロック

メッセージに関するブロックはイベントブロックにある。Scratch 1.4以前は、制御ブロックに属していた。

メッセージを送信。

メッセージを送信。送信先のスクリプトがすべて終わるまで後の処理は実行されない。

メッセージを受信するハットブロックである。

ポップアップメニュー

「()を送る」「()を受け取ったとき」などのブロックを右クリックすると、「複製」・「削除」・「コメントを追加」・「ヘルプ」以外に、以下のポップアップメニューが表示される。

  • rename broadcast・・・右クリックしたブロックの引数になっているメッセージの名前を変更する。
  • センダーを表示・・・右クリックしたブロックの引数になっているメッセージを送るブロックが存在するスプライトをハイライトさせる。
  • レシーバーを表示・・・右クリックしたブロックの引数になっているメッセージを受け取るブロックが存在するスプライトをハイライトさせる。
  • センダーと、レシーバーのハイライトを消す・・・ハイライトを消す。

送信先の制限

メッセージは、送信先を制限することができないが、変数を活用して、スプライトを識別できる。

@greenFlag がクリックされたとき
[設定 v] を送る
[設定 v] を受け取ったとき//スプライト1
[ID v] を [1] にする//このスプライトのみの変数
[設定 v] を受け取ったとき//スプライト2
[ID v] を [2] にする//このスプライトのみの変数
[メッセージ v] を受け取ったとき
もし <(ID) = (送りたいID)> なら
...//ここにスクリプトを置く
end
[スペース v] キーが押されたとき//送信元
[送りたいID v] を ((1) から (2) までの乱数) にする
[メッセージ v] を送る

Scratch 1.4

Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

Scratch 1.4では、メッセージの実行順は、スプライトのドラッグの順番(降順)に一致する。スプライト内では、スクリプトのドラッグの順番(降順)に一致する。

Warning メモ: 非公式の機能で、他のバージョンと互換性がない。

また、緑の旗クリックするかわりに、"scratch-startclicked"というメッセージを送受信することもできた。しかし、2.0で廃止された。