提供: Japanese Scratch-Wiki

(ページの作成:「{{about|Scratchプログラム|お知らせ|メッセージ (ユーザー)}} メッセージはScratchプログラム中で送られるもので、受信したスクリ...」)
 
(文体変更)
1行目: 1行目:
 
{{about|Scratchプログラム|お知らせ|メッセージ (ユーザー)}}
 
{{about|Scratchプログラム|お知らせ|メッセージ (ユーザー)}}
メッセージはScratchプログラム中で送られるもので、受信したスクリプトを実行するものです。[[Scratch]]では、メッセージを扱う3つの[[ブロック]]があります。
+
メッセージはScratchプログラム中で送られるもので、受信したスクリプトを実行するものである。[[Scratch]]では、メッセージを扱う3つの[[ブロック]]がある。
 
== メッセージに関するブロック ==
 
== メッセージに関するブロック ==
メッセージに関するブロックは[[イベントブロック]]にあります。[[Scratch 1.4]]以前は、[[制御ブロック]]に属していました。
+
メッセージに関するブロックは[[イベントブロック]]にある。[[Scratch 1.4]]以前は、[[制御ブロック]]に属していた。
  
 
*[[() を送る (ブロック)|<sb>[メッセージ1 v] を送る</sb>]]
 
*[[() を送る (ブロック)|<sb>[メッセージ1 v] を送る</sb>]]
メッセージを送信します。
+
メッセージを送信。
 
*[[() を送って待つ (ブロック)|<sb>[メッセージ1 v] を送って待つ</sb>]]
 
*[[() を送って待つ (ブロック)|<sb>[メッセージ1 v] を送って待つ</sb>]]
メッセージを送信します。送信先の[[スクリプト]]がすべて終わるまで後の処理は実行されません。
+
メッセージを送信。送信先の[[スクリプト]]がすべて終わるまで後の処理は実行されない。
 
*[[() を受け取ったとき (ブロック)|<sb>[メッセージ1 v] を受け取ったとき</sb>]]
 
*[[() を受け取ったとき (ブロック)|<sb>[メッセージ1 v] を受け取ったとき</sb>]]
メッセージを受信する[[ハットブロック]]です。
+
メッセージを受信する[[ハットブロック]]である。
  
 
== 送信先の制限 ==
 
== 送信先の制限 ==
メッセージは、送信先を制限することができません。しかし、[[変数]]を活用して、スプライトを識別できます。
+
メッセージは、送信先を制限することができないが、[[変数]]を活用して、スプライトを識別できる。
 
<scratchblocks>
 
<scratchblocks>
 
@ がクリックされたとき
 
@ がクリックされたとき

2017年7月11日 (火) 14:58時点における版

分岐.png:この項目はScratchプログラムを説明しています。お知らせについては、メッセージ (ユーザー)をご覧ください。

メッセージはScratchプログラム中で送られるもので、受信したスクリプトを実行するものである。Scratchでは、メッセージを扱う3つのブロックがある。

メッセージに関するブロック

メッセージに関するブロックはイベントブロックにある。Scratch 1.4以前は、制御ブロックに属していた。

メッセージを送信。

メッセージを送信。送信先のスクリプトがすべて終わるまで後の処理は実行されない。

メッセージを受信するハットブロックである。

送信先の制限

メッセージは、送信先を制限することができないが、変数を活用して、スプライトを識別できる。

@ がクリックされたとき
[設定 v] を送る
[設定 v] を受け取ったとき//スプライト1
[ID v] を [1] にする//このスプライトのみの変数
[設定 v] を受け取ったとき//スプライト2
[ID v] を [2] にする//このスプライトのみの変数
[メッセージ v] を受け取ったとき
もし <(ID) = (送りたいID)> なら
...//ここにスクリプトを置く
end
[スペース v] キーが押されたとき//送信元
[送りたいID v] を ((1) から (2) までの乱数) にする
[メッセージ v] を送る