提供: Japanese Scratch-Wiki

(リンクの修正。)
(ブロック: リンクの修正など。)
10行目: 10行目:
  
 
==ブロック==
 
==ブロック==
{{メモ|それぞれのブロックについてくわしく知りたいときは、そのブロックをクリックする。}}
+
{{メモ|ブロックをクリックするとそれぞれのページに移動します。}}
 
[[Scratch 2.0]] のペンブロックには、次の11個のスタックブロックが含まれている:
 
[[Scratch 2.0]] のペンブロックには、次の11個のスタックブロックが含まれている:
  
*[[消す (ブロック)|<scratchblocks>消す</scratchblocks>]]
+
*[[消す (ブロック)|<sb>消す</sb>]]
*[[スタンプ (ブロック)|<scratchblocks>スタンプ</scratchblocks>]]
+
*[[スタンプ (ブロック)|<sb>スタンプ</sb>]]
*[[ペンを下ろす (ブロック)|<scratchblocks>ペンを下ろす</scratchblocks>]]
+
*[[ペンを下ろす (ブロック)|<sb>ペンを下ろす</sb>]]
*[[ペンを上げる (ブロック)|<scratchblocks>ペンを上げる</scratchblocks>]]
+
*[[ペンを上げる (ブロック)|<sb>ペンを上げる</sb>]]
*[[ペンの色を () にする (色選択ブロック)|<scratchblocks>ペンの色を [#F3A533] にする</scratchblocks>]]
+
*[[ペンの色を () にする (ブロック)|<sb>ペンの色を [#000] にする
*[[ペンの色を () ずつ変える (ブロック)|<scratchblocks>ペンの色を (10) ずつ変える</scratchblocks>]]
+
ペンの色を (0) にする</sb>]]
*[[ペンの色を () にする (数値ブロック)|<scratchblocks>ペンの色を (0) にする</scratchblocks>]]
+
*[[ペンの色を () ずつ変える (ブロック)|<sb>ペンの色を (10) ずつ変える</sb>]]
*[[ペンの濃さを () ずつ変える (ブロック)|<scratchblocks>ペンの濃さを (10) ずつ変える</scratchblocks>]]
+
*[[ペンの濃さを () ずつ変える (ブロック)|<sb>ペンの濃さを (10) ずつ変える</sb>]]
*[[ペンの濃さを () にする (ブロック)|<scratchblocks>ペンの濃さを (50) にする</scratchblocks>]]
+
*[[ペンの濃さを () にする (ブロック)|<sb>ペンの濃さを (50) にする</sb>]]
*[[ペンの太さを () ずつ変える (ブロック)|<scratchblocks>ペンの太さを (1) ずつ変える</scratchblocks>]]
+
*[[ペンの太さを () ずつ変える (ブロック)|<sb>ペンの太さを (1) ずつ変える</sb>]]
*[[ペンの太さを () にする(ブロック)|<scratchblocks>ペンの太さを (1) にする</scratchblocks>]]
+
*[[ペンの太さを () にする (ブロック)|<sb>ペンの太さを (1) にする</sb>]]
  
 
[[Scratch Day#Scratch Day MIT 2011|Scratch Day @ MIT 2011]]で登場した[[Scratch 2.0]] pre-alpha版では、ペンカテゴリのスタックブロックとして次のブロックが存在していた(現在は廃止されている)。
 
[[Scratch Day#Scratch Day MIT 2011|Scratch Day @ MIT 2011]]で登場した[[Scratch 2.0]] pre-alpha版では、ペンカテゴリのスタックブロックとして次のブロックが存在していた(現在は廃止されている)。
  
*[[透明スタンプ () (ブロック)|<scratchblocks>透明スタンプ()::pen//category=pen</scratchblocks>]]
+
*[[透明スタンプ () (ブロック)|<sb>透明スタンプ()::pen</sb>]]
  
 
==新たなペンブロックの提案==
 
==新たなペンブロックの提案==

2017年4月26日 (水) 08:23時点における版

ペンブロックは、Scratch 2.0 ブロックの10個のカテゴリの1つで、ブロックの色は深緑色で統一されている。このカテゴリには、Scratchのペン機能をコントロールするブロックが含まれている。現在、ペンブロックには、11個のスタックブロックが存在する なお、Scratch統計情報によると、ペンブロックのScratch内での使用者は2000ユーザー超であり、使用者が最も少ないカテゴリである。

ペンブロック は、いわゆるone sprite one script(1S1S) プロジェクトを作成するときは特に重用される:

  • スプライトをスタンプする
  • ペンを下ろす
  • ペンを消す

このようなシンプルな描画プログラムも、1S1Sプロジェクトの一例である。 その他、ゲームやシミュレーションなどでも、ペンブロックは有効活用できる。

ブロック

Warning メモ: ブロックをクリックするとそれぞれのページに移動します。

Scratch 2.0 のペンブロックには、次の11個のスタックブロックが含まれている:

Scratch Day @ MIT 2011で登場したScratch 2.0 pre-alpha版では、ペンカテゴリのスタックブロックとして次のブロックが存在していた(現在は廃止されている)。

新たなペンブロックの提案

<ペンが下ろされた::pen> // category=pen
<ペンの色::pen> // category=pen
<ペンの濃さ::pen> // category=pen
<ペンの太さ::pen> // category=pen

簡潔にプログラムを書くために、上記のようなブロックの導入を求めているScratcherは多い[1]。1つめのブロックは、「ペンが下ろされている」ときに「真」を返す真偽ブロック、2〜4番めのブロックは、ペンの色、ペンの濃さ、ペンの太さの値を返す値ブロックとして想定されている。 Mod版Scratchの中には、これらのブロックの一部が実装されているものもある。[要出典] ただし、このようなブロックを使わなくても、自分でこれらの値を変数に保存して、ペンの状態・色・太さ・濃さが変更されるたびにその値を更新していけば、上記のブロックの代用となる。このとき、これらの変数が変更されるとペンの設定を変える独立したスクリプトを作って実行しておき、その他のスクリプトからはその変数のみを操作し、ペンの設定を直接変更しないようにするプログラムパターンなどが考えられる。

出典

  1. https://scratcharchive.asun.co/forums/viewtopic.php?id=118