提供: Japanese Scratch-Wiki

(ひらがなヘッダの追加 (Bot))
 
(3人の利用者による、間の4版が非表示)
1行目: 1行目:
{{ひらがなヘッダ}}{{Update3.0}}
+
{{ひらがなヘッダ}}{{廃止された機能|ペンの () を () にする (ブロック)}}
 
{{ブロック
 
{{ブロック
 
|name = ペンの濃さを () にする
 
|name = ペンの濃さを () にする
6行目: 6行目:
 
|type = [[スタックブロック|スタック]]
 
|type = [[スタックブロック|スタック]]
 
|default = 50
 
|default = 50
 +
|removed=3.0
 
}}
 
}}
  
{{ブロックの説明|ペンの濃さを () にする|ペン|スタック|[[ペンの濃さ (値)|ペンの濃さ]]を指定した値に設定する}}
+
'''ペンの濃さを () にする'''[[ブロック]]([[ペンブロック]]/[[スタックブロック]])とは、[[ペンの濃さ (値)|ペンの濃さ]]を指定した値に設定するブロックであった。[[Scratch 3.0]]では統合され{{b|ペンの () を () にする}}になったが、旧プロジェクトのブロックはそのままである。
 
ペンの濃さの値と色の関係は次のとおり。
 
ペンの濃さの値と色の関係は次のとおり。
  
24行目: 25行目:
 
このように、ペンの濃さは200周期で、黒→原色→白→原色→黒というサイクルを繰り返すため、ペンの濃さを200増やしたり減らしたりしても、見た目には変更がない。
 
このように、ペンの濃さは200周期で、黒→原色→白→原色→黒というサイクルを繰り返すため、ペンの濃さを200増やしたり減らしたりしても、見た目には変更がない。
  
[[File:pen shade.png|thumb|このブロックで指定できる色の幅([[ペンの色 (値)|ペンの色(ここでは0)]]を変えない場合)]]
+
[[File:{{#setmainimage:pen shade.png}}|thumb|このブロックで指定できる色の幅([[ペンの色 (値)|ペンの色(ここでは0)]]を変えない場合)]]
  
 
==使用例==
 
==使用例==
[[アート系プロジェクト]]で、ユーザーにペンを制御させるとき、ペンのタッチに強弱をつけれるようにしたい場合がある。このような場合は、このブロックが役に立つ。
+
[[アート系プロジェクト]]で、ユーザーにペンを制御させるとき、ペンのタッチに強弱をつけれるようにしたい場合がある。このような場合は、このブロックが役に立った。
  
 
よくある使用例は次のとおり:
 
よくある使用例は次のとおり:
49行目: 50行目:
 
*[[ペンの濃さ (値)]]
 
*[[ペンの濃さ (値)]]
 
{{ペンブロック}}
 
{{ペンブロック}}
 +
 
[[カテゴリ:ペンブロック]]
 
[[カテゴリ:ペンブロック]]
  
 
[[de:Setze Farbschattierung auf () (Block)]]
 
[[de:Setze Farbschattierung auf () (Block)]]
[[en:Set Pen Shade to () (block)]]
+
[[en:Set Pen Shade to () (block)]]{{デフォルトソート:へんのこさを () にする (ふろつく)}}

2019年11月9日 (土) 05:53時点における最新版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。これを置き換えた機能については、ペンの () を () にする (ブロック)をご覧ください。
ペンの濃さを () にする
ペンの濃さを (50) にする
カテゴリ ペン
タイプ スタック
削除 Scratch 3.0

ペンの濃さを () にするブロック(ペンブロック/スタックブロック)とは、ペンの濃さを指定した値に設定するブロックであった。Scratch 3.0では統合されペンの () を () にするになったが、旧プロジェクトのブロックはそのままである。 ペンの濃さの値と色の関係は次のとおり。

  • 0 :黒
  • 1〜49:黒と原色を混ぜた色(数が大きいほど黒が薄まる)
  • 50 :原色(デフォルト値)
  • 51〜99:白と原色を混ぜた色(数が大きいほど白が濃くなる)
  • 100 :白
  • 101〜149:白と原色を混ぜた色(数が大きいほど白が薄まる)
  • 150  :原色
  • 151〜199:黒と原色を混ぜた色(数が大きいほど黒が濃くなる)
  • 200 :黒

※ 200以上については、この繰り返し

このように、ペンの濃さは200周期で、黒→原色→白→原色→黒というサイクルを繰り返すため、ペンの濃さを200増やしたり減らしたりしても、見た目には変更がない。

このブロックで指定できる色の幅(ペンの色(ここでは0)を変えない場合)

使用例

アート系プロジェクトで、ユーザーにペンを制御させるとき、ペンのタッチに強弱をつけれるようにしたい場合がある。このような場合は、このブロックが役に立った。

よくある使用例は次のとおり:

  • ペンを使用している間中、ペンの濃さを変更しつづける
ずっと
ペンの濃さを ((0) から (100) までの乱数) にする
  • ペンの濃さをユーザーに設定させる
 [ペンの濃さは?] と聞いて待つ
ペンの濃さを (答え) にする
  • スプライトの動きに合わせてペンの濃さを変化させる
(200) 回繰り返す
(1) 歩動かす
ペンの濃さを ((0) から (100) までの乱数) にする
end

関連項目