提供: Japanese Scratch-Wiki

(英語版からの翻訳)
 
(<sb></sb>タグへの変更、ブロックの説明テンプレートの使用。)
1行目: 1行目:
 
{{ブロック
 
{{ブロック
|name = ペンの太さを () にする
+
| name = ペンの太さを () にする
|image = File:2.0 Set_Pen_Size_to_().png
+
| block = <sb>ペンの太さを (1) にする</sb>
|category = [[ペンブロック|ペン]]
+
| category = [[ペンブロック|ペン]]
|type = [[スタックブロック|スタック]]
+
| type = [[スタックブロック|スタック]]
|default = 1
+
| default = 1
 
}}
 
}}
'''ペンの太さを () にする'''[[ブロック]]( [[ペンブロック]]/ [[スタックブロック]])は、[[ペンの太さ (値)|ペンの太さ]] を指定した値に設定するブロックである。
 
  
ペン機能は、スプライトの通った後を円形のブラシでなぞる機能であるが、ペンの太さは、この円の[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%84 直径](ピクセル値)を決める値である。
+
{{ブロックの説明|ペンの太さを () にする|ペン|スタック|[[ペンの太さ (値)|ペンの太さ]]を指定した値に設定する}}
 +
 
 +
ペン機能は、スプライトの通った後を円形のブラシでなぞる機能であるが、ペンの太さは、この円の[[Wikipedia:径|直径]](ピクセル値)を決める値である。
  
 
[[File:pen_size.png|thumb|[[ペン]]の太さには、0〜255の256個のいずれかの値を指定する。これは[[Flashプレイヤー]]の制限によるものである]]
 
[[File:pen_size.png|thumb|[[ペン]]の太さには、0〜255の256個のいずれかの値を指定する。これは[[Flashプレイヤー]]の制限によるものである]]
21行目: 22行目:
 
*スプライトの動きに合わせてペンの太さを変化させる
 
*スプライトの動きに合わせてペンの太さを変化させる
  
==参照==
+
==関連項目==
 
*[[ペンの太さを () ずつ変える (ブロック)|ペンの太さを () ずつ変える]]
 
*[[ペンの太さを () ずつ変える (ブロック)|ペンの太さを () ずつ変える]]
 
*[[ペンの太さ (値)]]
 
*[[ペンの太さ (値)]]

2017年7月5日 (水) 09:39時点における版

ペンの太さを () にする
ペンの太さを (1) にする
カテゴリ ペン
タイプ スタック

ペンの太さを () にするブロック(ペンブロック/スタックブロック)とは、ペンの太さを指定した値に設定するブロックである。

ペン機能は、スプライトの通った後を円形のブラシでなぞる機能であるが、ペンの太さは、この円の直径(ピクセル値)を決める値である。

ペンの太さには、0〜255の256個のいずれかの値を指定する。これはFlashプレイヤーの制限によるものである

使用例

特にアート系プロジェクトでペン機能によってユーザーに何かを描かせるときなどに、ペンの太さを変更できるようにしたい場合がある。このようなときに、このブロックが使用される。

よくある使用例は次のとおり:

  • ペンを使用している間中、ペンの太さを変更しつづける
  • ペンの太さをどれくらい変化させるかユーザーに設定させる
  • スプライトの動きに合わせてペンの太さを変化させる

関連項目