提供: Japanese Scratch-Wiki

 
(5人の利用者による、間の15版が非表示)
1行目: 1行目:
ブロックプラグインとは、blob8108さんによって作成されたscratchblocksの構文である。
+
{{for3/o}}
スクラッチウィキとスクラッチフォーラムでスクリプトの画像を解析し、かつレンダリングされるテキストを建設する。[http://scratchblocks.github.io/#?lang=ja&script= テストページ]でプラグインを試すことができる。
+
{{ひらがなヘッダ}}ブロックプラグインとは、blob8108さんによって作成されたscratchblocksの構文である。
 +
スクラッチウィキとスクラッチフォーラムでスクリプトの画像を解析し、かつレンダリングされるテキストを建設する。[http://scratchblocks.github.io/#?lang=ja&script= テストページ]でプラグインを試すことができる。このとき、平仮名で入力すると、正しく解釈されない。そのため、後述する<code>::hat</code>や<code>::motion</code>などをつかわなければならない。
 
==例==
 
==例==
<scratchblocks>
+
<scratchblocks version="2">
 
定義 dance (speed)
 
定義 dance (speed)
 
[dist v] を ((speed) * ([マウスのポインター v]までの距離)) にする
 
[dist v] を ((speed) * ([マウスのポインター v]までの距離)) にする
12行目: 13行目:
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
 
==構文==
 
==構文==
[[Scratch Wiki]]では、コードを<nowiki><scratchblocks>...</scratchblocks></nowiki>の間に挿入する必要がある。<nowiki><sb>...</sb></nowiki>も使用でき、この場合、改行されない。また、フォーラムでは、[scratchblocks]...[/scratchblocks]のタグ間に挿入されている必要がある。
+
[[Scratch Wiki]]では、コードを<nowiki><scratchblocks>...</scratchblocks></nowiki>の間に挿入する必要がある。<nowiki><sb>...</sb></nowiki>も使用でき、この場合、改行されない。また、フォーラムでは、<syntaxhighlight lang="bbcode" inline>[scratchblocks]</syntaxhighlight>...<syntaxhighlight lang="bbcode" inline>[/scratchblocks]</syntaxhighlight>のタグ間に挿入されている必要がある。
 
ブロックプラグインの構文は次のとおり。
 
ブロックプラグインの構文は次のとおり。
 
{| class="wikitable"
 
{| class="wikitable"
24行目: 25行目:
 
| ブロック
 
| ブロック
 
| <code>スタンプ</code>
 
| <code>スタンプ</code>
| <scratchblocks>スタンプ</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">スタンプ</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>end</code>
 
| <code>end</code>
32行目: 33行目:
  
 
end</pre>
 
end</pre>
| <scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">
 
(5)回繰り返す
 
(5)回繰り返す
 
  (10) 歩動かす
 
  (10) 歩動かす
41行目: 42行目:
 
| テキスト
 
| テキスト
 
| <code>[Hello World]と言う</code>
 
| <code>[Hello World]と言う</code>
| <scratchblocks>[Hello World]と言う</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">[Hello World]と言う</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>(variable)</code>
 
| <code>(variable)</code>
 
| [[変数]]または[[値ブロック]]
 
| [[変数]]または[[値ブロック]]
 
| <code>(x座標)</code>
 
| <code>(x座標)</code>
| <scratchblocks>(x座標)</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">(x座標)</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>(123.4)</code>
 
| <code>(123.4)</code>
 
| 数字
 
| 数字
 
| <code>(1)秒待つ</code>
 
| <code>(1)秒待つ</code>
| <scratchblocks>(1)秒待つ</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">(1)秒待つ</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>[text v]</code>
 
| <code>[text v]</code>
 
| ドロップダウンボックス
 
| ドロップダウンボックス
 
| <code>[開始 v]を送る</code>
 
| <code>[開始 v]を送る</code>
| <scratchblocks>[開始 v]を送る</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">[開始 v]を送る</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code><boolean></code>
 
| <code><boolean></code>
 
| [[真偽ブロック]]
 
| [[真偽ブロック]]
 
| <code><マウスが押された></code>
 
| <code><マウスが押された></code>
| <scratchblocks><マウスが押された></scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2"><マウスが押された></scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>[#FFFFFF]</code>
 
| <code>[#FFFFFF]</code>
 
| 色
 
| 色
 
| <code><[#FF0000]色に触れた></code>
 
| <code><[#FF0000]色に触れた></code>
| <scratchblocks><[#FF0000]色に触れた></scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2"><[#FF0000]色に触れた></scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>define</code>
 
| <code>define</code>
 
| 定義されたブロック
 
| 定義されたブロック
 
| <code>定義 ジャンプ(高さ)</code>
 
| <code>定義 ジャンプ(高さ)</code>
| <scratchblocks>定義 ジャンプ(高さ)</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">定義 ジャンプ(高さ)</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>// text</code>
 
| <code>// text</code>
 
| コメント
 
| コメント
 
| <code>消す//削除</code>
 
| <code>消す//削除</code>
| <scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">
 
消す//削除</scratchblocks>
 
消す//削除</scratchblocks>
 
|-
 
|-
82行目: 83行目:
 
| 指定されていないオプションのスクリプトのプレースホルダ
 
| 指定されていないオプションのスクリプトのプレースホルダ
 
| <code>. . .</code>
 
| <code>. . .</code>
| <scratchblocks>. . .</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">. . .</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>:: shape/category</code>
 
| <code>:: shape/category</code>
 
| ブロックを特定のカテゴリとして、または特定の形状として表示させる。
 
| ブロックを特定のカテゴリとして、または特定の形状として表示させる。
 
| <code>見た目のカテゴリのブロックのように振舞う :: looks stack</code>
 
| <code>見た目のカテゴリのブロックのように振舞う :: looks stack</code>
| <scratchblocks>見た目のカテゴリのブロックのように振舞う :: looks stack</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">見た目のカテゴリのブロックのように振舞う :: looks stack</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>\(\)</code>
 
| <code>\(\)</code>
| ブロックをそのまま表示させる。
+
| テキストをそのまま表示させる。
 
| <code>(()番目\([]\)の文字)</code>
 
| <code>(()番目\([]\)の文字)</code>
| <scratchblocks>(()番目\([]\)の文字)</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">(()番目\([]\)の文字)</scratchblocks>
 
|-
 
|-
| <code>{stack}</code>
+
| <code>stack</code>
 
| スタックブロック
 
| スタックブロック
| <code>{スタック}</code>
+
| <code>スタック</code>
| <scratchblocks>{スタック}</scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">スタック</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
| <code>::(color)</code>
 
| <code>::(color)</code>
119行目: 120行目:
 
ブロック::#0a0
 
ブロック::#0a0
 
</pre>
 
</pre>
| <scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">ブロック::motion
ブロック::motion
 
 
ブロック::looks
 
ブロック::looks
 
ブロック::sound
 
ブロック::sound
135行目: 135行目:
 
ブロック::grey
 
ブロック::grey
 
ブロック::undefined
 
ブロック::undefined
ブロック::#0a0
+
ブロック::#0a0</scratchblocks>
</scratchblocks>
 
 
|-
 
|-
 
| ::(形)
 
| ::(形)
145行目: 144行目:
 
キャップブロック::cap
 
キャップブロック::cap
 
C型ブロック{}//castart celse cendは使用不可
 
C型ブロック{}//castart celse cendは使用不可
 +
C型ブロック{中にブロックを入れる
 +
}{}
 
</pre>
 
</pre>
| <scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">値ブロック::ring
値ブロック::ring
 
 
ハットブロック::hat
 
ハットブロック::hat
 
キャップブロック::cap
 
キャップブロック::cap
 
C型ブロック{}//castart celse cendは使用不可
 
C型ブロック{}//castart celse cendは使用不可
</scratchblocks>
+
C型ブロック{中にブロックを入れる
 +
}{}</scratchblocks>
 
|-
 
|-
 
|@greenFlag
 
|@greenFlag
160行目: 161行目:
 
@turnLeft(15)度回す
 
@turnLeft(15)度回す
 
</pre>
 
</pre>
| <scratchblocks>
+
| <scratchblocks version="2">@greenFlag がクリックされたとき
@greenFlag がクリックされたとき
 
 
@turnRight(15)度回す
 
@turnRight(15)度回す
@turnLeft(15)度回す
+
@turnLeft(15)度回す</scratchblocks>
</scratchblocks>
 
 
|}
 
|}
  

2019年4月25日 (木) 22:11時点における最新版

Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。
このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。編集者向け:作成する
ブロックプラグインとは、blob8108さんによって作成されたscratchblocksの構文である。

スクラッチウィキとスクラッチフォーラムでスクリプトの画像を解析し、かつレンダリングされるテキストを建設する。テストページでプラグインを試すことができる。このとき、平仮名で入力すると、正しく解釈されない。そのため、後述する::hat::motionなどをつかわなければならない。

定義 dance (speed)
[dist v] を ((speed) * ([マウスのポインター v]までの距離)) にする
<(タイマー) > [10]> まで繰り返す 
  (dist) 歩動かす
  (42 v) の音符を (0.5) 拍鳴らす
  [こんにちは!] と言う
end

構文

Scratch Wikiでは、コードを<scratchblocks>...</scratchblocks>の間に挿入する必要がある。<sb>...</sb>も使用でき、この場合、改行されない。また、フォーラムでは、[scratchblocks]...[/scratchblocks]のタグ間に挿入されている必要がある。 ブロックプラグインの構文は次のとおり。

コードの例 使い方 使用例 結果
block name ブロック スタンプ
スタンプ
end C型ブロック の終了
 (5)回繰り返す
 (10) 歩動かす

end
(5)回繰り返す
 (10) 歩動かす

end
[text] テキスト [Hello World]と言う
[Hello World]と言う
(variable) 変数または値ブロック (x座標)
(x座標)
(123.4) 数字 (1)秒待つ
(1)秒待つ
[text v] ドロップダウンボックス [開始 v]を送る
[開始 v]を送る
<boolean> 真偽ブロック <マウスが押された>
<マウスが押された>
[#FFFFFF] <[#FF0000]色に触れた>
<[#FF0000]色に触れた>
define 定義されたブロック 定義 ジャンプ(高さ)
定義 ジャンプ(高さ)
// text コメント 消す//削除
消す//削除
. . . 指定されていないオプションのスクリプトのプレースホルダ . . .
. . .
:: shape/category ブロックを特定のカテゴリとして、または特定の形状として表示させる。 見た目のカテゴリのブロックのように振舞う :: looks stack
見た目のカテゴリのブロックのように振舞う :: looks stack
\(\) テキストをそのまま表示させる。 (()番目\([]\)の文字)
(()番目\([]\)の文字)
stack スタックブロック スタック
スタック
::(color) 色を指定
ブロック::motion
ブロック::looks
ブロック::sound
ブロック::pen
ブロック::variables
ブロック::list
ブロック::events
ブロック::control
ブロック::sensing
ブロック::operators
ブロック::custom
ブロック::custom-arg
ブロック::extension
ブロック::grey
ブロック::undefined
ブロック::#0a0
ブロック::motion
ブロック::looks
ブロック::sound
ブロック::pen
ブロック::variables
ブロック::list
ブロック::events
ブロック::control
ブロック::sensing
ブロック::operators
ブロック::custom
ブロック::custom-arg
ブロック::extension
ブロック::grey
ブロック::undefined
ブロック::#0a0
 ::(形) 形を指定する
値ブロック::ring
ハットブロック::hat
キャップブロック::cap
C型ブロック{}//castart celse cendは使用不可
C型ブロック{中にブロックを入れる
}{}
値ブロック::ring
ハットブロック::hat
キャップブロック::cap
C型ブロック{}//castart celse cendは使用不可
C型ブロック{中にブロックを入れる
}{}
@greenFlag ブロックの絵文字を表示させる
@greenFlag がクリックされたとき
@turnRight(15)度回す
@turnLeft(15)度回す
@greenFlag がクリックされたとき
@turnRight(15)度回す
@turnLeft(15)度回す