提供: Japanese Scratch-Wiki

(ブロック画像の<sb></sb>タグへの変更)
(Scratch 3.0の変更点追記)
2行目: 2行目:
 
|name      = ビデオを () にする
 
|name      = ビデオを () にする
 
|block      = <sb>ビデオを [入 v] にする</sb>
 
|block      = <sb>ビデオを [入 v] にする</sb>
|category  = [[調べるブロック|調べる]]
+
|category  = [[調べるブロック|調べる]]/[[ビデオモーションセンサー拡張機能|ビデオモーションセンサー]](3.0)
 
|type      = [[スタックブロック|スタック]]
 
|type      = [[スタックブロック|スタック]]
 
|default    = 入
 
|default    = 入
 
|added      = 2.0
 
|added      = 2.0
 
}}
 
}}
'''ビデオを () にする'''[[ブロック]]([[調べるブロック]]/[[スタックブロック]])は、[[引数]]に応じて、Webカメラのオン(入)/オフ(切)/左右反転を切り替えるブロックである。Scratch 2.0 α版初期は、[[見た目ブロック]]カテゴリーに分類されていた。
+
'''ビデオを () にする'''[[ブロック]]([[調べるブロック]]、Scratch 3.0では[[ビデオモーションセンサー拡張機能]]/[[スタックブロック]])は、[[引数]]に応じて、Webカメラのオン(入)/オフ(切)/左右反転を切り替えるブロックである。Scratch 2.0 α版初期は、[[見た目ブロック]]カテゴリーに分類されていた。[[Scratch 3.0]]では、拡張機能に移動する。
  
 
{{メモ|このブロックによって、使用中のコンピュータに接続されたWebカメラが作動する。セキュリティ上心配なのでWebカメラを使いたくない場合、自宅以外の公共の場にいる場合は、このブロックを使わないようにするか、「Adobe Flash Player警告」ダイアログボックスが表示されたときに「拒否」ボタンをクリックする。}}
 
{{メモ|このブロックによって、使用中のコンピュータに接続されたWebカメラが作動する。セキュリティ上心配なのでWebカメラを使いたくない場合、自宅以外の公共の場にいる場合は、このブロックを使わないようにするか、「Adobe Flash Player警告」ダイアログボックスが表示されたときに「拒否」ボタンをクリックする。}}
  
==引数==
+
== 引数 ==
 
このブロックのドロップダウンリストでは、次の3つのいずれかを選ぶことができる。
 
このブロックのドロップダウンリストでは、次の3つのいずれかを選ぶことができる。
  
19行目: 19行目:
 
<!-- this option is not available in the stage but only in sprites.  試してみたところ、普通にステージでもスプライトでも使用できそうなので、コメントアウト。onlyの位置間違いか?-->
 
<!-- this option is not available in the stage but only in sprites.  試してみたところ、普通にステージでもスプライトでも使用できそうなので、コメントアウト。onlyの位置間違いか?-->
  
==使用例==
+
== 使用例 ==
 
*画面にユーザーを映す
 
*画面にユーザーを映す
 
<scratchblocks>@ がクリックされたとき
 
<scratchblocks>@ がクリックされたとき
35行目: 35行目:
 
</scratchblocks>
 
</scratchblocks>
  
==関連項目==
+
== 関連項目 ==
*[[ビデオの透明度を () % にする (ブロック)|ビデオの透明度を () % にする]]
+
* [[ビデオの透明度を () % にする (ブロック)|ビデオの透明度を () % にする]]
*[[ビデオの () ( () ) (ブロック)|ビデオの () ( () )]]
+
* [[ビデオの () ( () ) (ブロック)|ビデオの () ( () )]]
*[[Watch Me Move!]] (ビデオによる動き検知機能)
+
* [[ビデオモーション]]
{{調べるブロック}}
+
{{調べるブロック}}{{ビデオモーションセンサー拡張機能}}
 
[[カテゴリ:調べるブロック]] [[カテゴリ:Scratch 2.0]]
 
[[カテゴリ:調べるブロック]] [[カテゴリ:Scratch 2.0]]
 
+
[[カテゴリ:ビデオモーションセンサー拡張機能]]
 
[[en:Turn Video () (block)]]
 
[[en:Turn Video () (block)]]
 
[[de:Schalte Video () (Block)]]
 
[[de:Schalte Video () (Block)]]

2018年7月29日 (日) 11:24時点における版

ビデオを () にする
ビデオを [入 v] にする
カテゴリ 調べる/ビデオモーションセンサー(3.0)
タイプ スタック
追加 Scratch 2.0

ビデオを () にするブロック調べるブロック、Scratch 3.0ではビデオモーションセンサー拡張機能スタックブロック)は、引数に応じて、Webカメラのオン(入)/オフ(切)/左右反転を切り替えるブロックである。Scratch 2.0 α版初期は、見た目ブロックカテゴリーに分類されていた。Scratch 3.0では、拡張機能に移動する。

Warning
メモ:
このブロックによって、使用中のコンピュータに接続されたWebカメラが作動する。セキュリティ上心配なのでWebカメラを使いたくない場合、自宅以外の公共の場にいる場合は、このブロックを使わないようにするか、「Adobe Flash Player警告」ダイアログボックスが表示されたときに「拒否」ボタンをクリックする。

引数

このブロックのドロップダウンリストでは、次の3つのいずれかを選ぶことができる。

  • — Webカメラの電源をオンにして、Scratch 2.0で導入されたモーションセンサー機能を利用する
  • — Webカメラの電源をオフにして、ステージに映し出されていたリアルタイム画像を非表示にする。
  • 左右反転 — Webカメラの電源をオンにして、リアルタイム画像を左右反転表示する。

使用例

  • 画面にユーザーを映す
@ がクリックされたとき
ビデオを [入 v] にする
  • ビデオをオンにして、モーションを使用する
@ がクリックされたとき //ステージに記述
ビデオを [入 v] にする

@ がクリックされたとき //スプライトに記述
ずっと
 (ビデオの [モーション v] \([ステージ v]\)) 歩動かす
 もし端に着いたら、跳ね返る

関連項目

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。