提供: Japanese Scratch-Wiki

2018年1月9日 (火) 14:59時点におけるMochimochiking (トーク | 投稿記録)による版 (外国語版などを追記)

バックパック(Backpack)とは、Scratch2.0の機能の一つであり、プロジェクトのエディタ内でスプライトスクリプトをドラッグ&ドロップにより簡単に保存できるものである。

バックパックには、Scratchエディタ内にあるすべての素材を保存できる。(スプライト、スクリプト、コスチューム、背景、音)

とあるScratcherのバックパック(画像右下)

バックパックのJSON形式のコードの内容は、自分のものに限り、ログイン後https://scratch.mit.edu/internalapi/backpack/USERNAME-HERE/get/から取得できる。

バックパックの使い方

①ほしい素材のあるプロジェクトのエディタへ行き、バックパックを開く。(エディタ画面の右下から中央にある「バックパック」をクリック)

②ほしい素材(スクリプトなり音なり)をドラッグし、バックパックの上ででドロップ!

③その素材を使用したいプロジェクトに行き、バックパックを開く。

④バックパックから欲しい素材をドラッグし、その素材に適当な場所(音だったら「音」、スクリプトだったら「スクリプト」のタブ)の上でドロップしたら完了!


複数のタブを開き、あるタブで素材のバックパックに保存、ほかのタブでバックパックからその素材を取り出す、ということも可能だが、バックパックの中身はページをリロードしないと更新されない。