提供: Japanese Scratch-Wiki

(丸囲み文字の削除・置き換え、その他不要部分の削除)
(リンク先が404で出典もない記述を削除等)
3行目: 3行目:
 
バックパックには、背景を除くすべての要素をコピーできる。
 
バックパックには、背景を除くすべての要素をコピーできる。
 
[[ファイル:Backpack.png|300px|thumb|right|バックパック(画像右下)]]
 
[[ファイル:Backpack.png|300px|thumb|right|バックパック(画像右下)]]
 
バックパックの[[JSONチュートリアル|JSON]]形式のコードの内容は、自分のものに限り、ログイン後<code>https://scratch.mit.edu/internalapi/backpack/USERNAME-HERE/get/</code>から取得できる。
 
  
 
{{clear}}
 
{{clear}}
 
== バックパックの使い方 ==
 
== バックパックの使い方 ==
 
#ほしい素材のあるプロジェクトのエディタへ行き、バックパックを開く。(エディタ画面の右下から中央にある「バックパック」をクリック)
 
#ほしい素材のあるプロジェクトのエディタへ行き、バックパックを開く。(エディタ画面の右下から中央にある「バックパック」をクリック)
#ほしい素材(スクリプトなり音なり)をドラッグし、バックパックの上ででドロップ
+
#ほしい素材(スクリプトなり音なり)をドラッグし、バックパックの上ででドロップする。
 
#その素材を使用したいプロジェクトに行き、バックパックを開く。
 
#その素材を使用したいプロジェクトに行き、バックパックを開く。
 
#バックパックから、コピーしたい要素をドラッグし、適当な場所にドロップする。(スプライト:スプライトリスト スクリプト:スクリプトエリア コスチューム:コスチュームタブ 音:音タブ )
 
#バックパックから、コピーしたい要素をドラッグし、適当な場所にドロップする。(スプライト:スプライトリスト スクリプト:スクリプトエリア コスチューム:コスチュームタブ 音:音タブ )

2018年7月23日 (月) 07:01時点における版

バックパック(Backpack)とは、Scratch2.0の機能の一つであり、プロジェクトのエディタ内でスプライトスクリプトをドラッグ&ドロップにより簡単に保存できるものである。

バックパックには、背景を除くすべての要素をコピーできる。

バックパック(画像右下)

バックパックの使い方

  1. ほしい素材のあるプロジェクトのエディタへ行き、バックパックを開く。(エディタ画面の右下から中央にある「バックパック」をクリック)
  2. ほしい素材(スクリプトなり音なり)をドラッグし、バックパックの上ででドロップする。
  3. その素材を使用したいプロジェクトに行き、バックパックを開く。
  4. バックパックから、コピーしたい要素をドラッグし、適当な場所にドロップする。(スプライト:スプライトリスト スクリプト:スクリプトエリア コスチューム:コスチュームタブ 音:音タブ )


複数のタブを開き、あるタブで要素のバックパックに保存、ほかのタブでバックパックからその要素を取り出す、ということも可能だが、バックパックの中身はページを再読み込みしないと更新されない。