提供: Japanese Scratch-Wiki

(節の追加)
(環境)
 
(7人の利用者による、間の12版が非表示)
3行目: 3行目:
  
 
== 新しい投稿をする ==
 
== 新しい投稿をする ==
クローズド(閉鎖)されていない[[トピック]]は、画面下の投稿欄に文字列を入力すると、投稿できる。
+
[[クローズド]](閉鎖)されていない[[トピック]]は、画面下の投稿欄に文字列を入力すると、投稿できる。
  
 
== ツールバー ==
 
== ツールバー ==
50行目: 50行目:
  
 
=== 環境 ===
 
=== 環境 ===
押すと、だいたいのブラウザやOS情報が出てくる。自分の環境を表示したい際に使う。
+
押すと、だいたいのブラウザやOS情報が出てくる。自分の環境を表示したい際に使う。地球マークとも言う。ただし、EdgeはChromeと表示される。
  
 
=== ブロック ===
 
=== ブロック ===
この項目はホバーするとカテゴリが出てくる。そのカテゴリをホバーすると、そのカテゴリのブロックが出る。
+
{{メイン|ブロックプラグイン}}
 +
[[ファイル:ブロックの項目をホバー.jpeg|200px|thumb|rit|ブロックの項目をホバーした場合]]
 +
このアイコンの上にマウスのカーソルを乗せたり、クリックすると、「動き」「見た目」のように、ブロックのカテゴリが表示される。そのカテゴリの上にカーソルを乗せたり、クリックすると、ブロックの絵が出てくる。
 +
 
 +
そこから目的のブロックをクリックすると、自動的にブロックのコードが入力される。
 +
また、プログラムの1部分を示すための機能なので、文字を目立たせる目的や、ネタなどに使ってはいけない。
 +
 
 +
'''コード'''
 +
 
 +
<syntaxhighlight lang="bbcode" inline>[scratchblocks]</syntaxhighlight>〜<syntaxhighlight lang="bbcode" inline>[/scratchblocks]</syntaxhighlight>間に、[[ブロックプラグイン]]のコードを入力すると、投稿時にブロックとして表示される。
 +
 
 +
構文は以下の通りである。
 +
*値の引数:{{iテキストボックス| () }}
 +
*文字列の引数:{{iテキストボックス| [] }}
 +
*真偽値の引数:{{iテキストボックス| <> }}
 +
引数の両脇には半角スペースを入れる必要がある。
 +
*値ブロック:{{iテキストボックス| (ブロックの中の文字) }}
 +
**例:{{iテキストボックス|(ブロックの中の文字)}}と書いた場合<sb>(ブロックの中の文字)</sb>
 +
*真偽値の引数:{{iテキストボックス| <ブロックの中の文字> }}
 +
**例:{{iテキストボックス|<ブロックの中の文字>}}と書いた場合<sb><ブロックの中の文字></sb>
 +
*スタックブロック,キャップブロック,ハットブロック:{{iテキストボックス|ブロックの中の文字}}
 +
**例:{{iテキストボックス|ブロックの中の文字}}と書いた場合<sb>ブロックの中の文字</sb>
  
 
=== タグ除去 ===
 
=== タグ除去 ===
84行目: 105行目:
  
 
[[カテゴリ:ディスカッションフォーラム]]
 
[[カテゴリ:ディスカッションフォーラム]]
[[en:Post]]
+
[[en:Post]]{{デフォルトソート:とひつくのとうこうきのう}}

2019年10月22日 (火) 02:46時点における最新版

分岐.png:この項目は投稿機能全般を説明しています。利用されるコードの詳細については、BBCodeをご覧ください。

トピックには、投稿する機能がある。本記事ではその使い方を紹介する。

新しい投稿をする

クローズド(閉鎖)されていないトピックは、画面下の投稿欄に文字列を入力すると、投稿できる。

ツールバー

詳細は「BBCode」を参照

投稿画面には、ツールバーがあり、BBCodeへのショートカットとなる。ここでは、並び順に紹介する。 Topic posting.png

太字

押すと、選択範囲の文字が太字となる。ショートカットキーは、Ctrl(control)+B

斜体

押すと、選択範囲の文字が斜体となる。ショートカットキーは、Ctrl(control)+I

下線

押すと、選択範囲の文字に下線が付く。ショートカットキーは、Ctrl(control)+U

取り消し線

押すと、選択範囲の文字に下船が付く。ショートカットキーは、Ctrl(control)+S

画像

押すと、画像のURLを聞かれるので、貼り付けまたは入力する。すると、(画像が存在すれば)画像を張ることができる。ショートカットキーは、Ctrl(control)+P

画像ホスト

セキュリティーの観点から、画像はcubeupoadからのものやScratchサイト内のものに限っている。

リンク

押すと、URLを聞かれるので、貼り付けまたは入力する。すると、選択範囲がそのサイトへの外部リンクとなる。ショートカットキーは、Ctrl(control)+L

フォントサイズ

この項目はホバーすると項目が出てくる。選択範囲を「Big」で大きく、「Small」で小さくできる。

箇条書き(番号なし)

押すと、番号なしの箇条書きができる。これは「箇条書き項目」と組み合わせて使う

箇条書き(番号あり)

押すと、スタート番号を聞かれるので入力する(現時点では1のみ有効)。 番号つきの箇条書きができる。これは「箇条書き項目」と組み合わせて使う

箇条書き項目

箇条書きタグ内に書くと、箇条書き項目となる

匿名引用

押すと、選択範囲を引用として表示できる。

絵文字

この項目はホバーすると項目が出てくる。選んだ絵文字を入力できる。

環境

押すと、だいたいのブラウザやOS情報が出てくる。自分の環境を表示したい際に使う。地球マークとも言う。ただし、EdgeはChromeと表示される。

ブロック

詳細は「ブロックプラグイン」を参照
ブロックの項目をホバーした場合

このアイコンの上にマウスのカーソルを乗せたり、クリックすると、「動き」「見た目」のように、ブロックのカテゴリが表示される。そのカテゴリの上にカーソルを乗せたり、クリックすると、ブロックの絵が出てくる。

そこから目的のブロックをクリックすると、自動的にブロックのコードが入力される。 また、プログラムの1部分を示すための機能なので、文字を目立たせる目的や、ネタなどに使ってはいけない。

コード

[scratchblocks][/scratchblocks]間に、ブロックプラグインのコードを入力すると、投稿時にブロックとして表示される。

構文は以下の通りである。

  • 値の引数: ()
  • 文字列の引数: []
  • 真偽値の引数: <>

引数の両脇には半角スペースを入れる必要がある。

  • 値ブロック: (ブロックの中の文字)
    • 例:(ブロックの中の文字)と書いた場合(ブロックの中の文字)
  • 真偽値の引数: <ブロックの中の文字>
    • 例:<ブロックの中の文字>と書いた場合<ブロックの中の文字>
  • スタックブロック,キャップブロック,ハットブロック:ブロックの中の文字
    • 例:ブロックの中の文字と書いた場合ブロックの中の文字

タグ除去

押すと、選択範囲のタグを除去できる。

プレビュー

下のプレビューペインに、プレビューを表示する(投稿内容に変化はない)

ツールバーの表示のバグ

バグ

ブラウザの状態などで表示がおかしくなることがある。

この場合、ページを再読み込みすることで治ることが多い。

投稿後の機能

報告

詳細は「報告#投稿を報告」を参照

投稿がガイドラインに違反している可能性がある場合、「報告」をクリックしてScratchチームに報告することができる。

編集

詳細は「投稿の編集」を参照

投稿後に投稿の内容を「Edit」をクリックして編集することができる。

引用

詳細は「投稿の引用」を参照

引用したい投稿の「Quote」をクリックするとその投稿が引用できる。

モデレーター専用機能

コミュニティモデレーター(Scratchチーム)は、投稿の削除、投稿を別のトピックに移動することができる。

投稿エラー

詳細は「投稿エラーの一覧」を参照

投稿時にエラーが発生することがある。エラーを修正すれば投稿ができる。