提供: Japanese Scratch-Wiki

(色修正)
32行目: 32行目:
 
*[[() (リストブロック)|<scratchblocks>(リスト::list)</scratchblocks>]]
 
*[[() (リストブロック)|<scratchblocks>(リスト::list)</scratchblocks>]]
 
*[[() 番目( () ) (ブロック)|<scratchblocks>((1 v) 番目( [リスト v] ))</scratchblocks>]]
 
*[[() 番目( () ) (ブロック)|<scratchblocks>((1 v) 番目( [リスト v] ))</scratchblocks>]]
*[[() の長さ (リスト ブロック)|<scratchblocks>([リスト v] の長さ)</scratchblocks>]]
+
*[[() の長さ (リスト ブロック)|<scratchblocks>([リスト v] の長さ::list)</scratchblocks>]]
  
 
[[Scratch 2.0]] のリストブロックには、次の真偽ブロックが存在する:
 
[[Scratch 2.0]] のリストブロックには、次の真偽ブロックが存在する:

2017年1月10日 (火) 04:49時点における版

データブロックは、Scratch 2.0 ブロックの10個のカテゴリの1つで、変数ブロックの色はオレンジ色、リストブロックの色はレンガ色(赤茶色)に統一されている。 現在、データブロックには、10個のスタックブロック、4個の値ブロック、1個の真偽ブロックが含まれている。

ブロック

Warning メモ: それぞれのブロックについてくわしく知りたいときは、そのブロックをクリックする。


変数

詳細は「変数ブロック」を参照

Scratch 2.0 の変数ブロックには、次の4つのスタックブロックが存在する:

Scratch 2.0 の変数ブロックには、次の値ブロックが存在する:

リスト

詳細は「リストブロック」を参照

Scratch 2.0 のリストブロックには、次の6個のスタックブロックが存在する:

Scratch 2.0 のリストブロックには、次の3個の値ブロックが存在する:

Scratch 2.0 のリストブロックには、次の真偽ブロックが存在する:

参照

テンプレート:データブロック