提供: Japanese Scratch-Wiki

2019年9月22日 (日) 03:04時点におけるT-takumini (トーク | 投稿記録)による版 (デフォルトソートの整備(Botによる自動編集) データの範囲を求める --> えたのはんいをもとめる)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
データの範囲を求めるとは、数値データを調べて、データの分布する範囲の幅を求めることである。これは、データのうちもっとも大きなものからもっとも小さなものを引けば算出できる。

スクリプト例

方法1

この方法では、次の変数リストを使用する (調べる数値データは0以上の数とする):

変数:

  • 最大値 # — もっとも大きな数値データの値を入れる
  • 最小値 # — もっとも小さな数値データの値を入れる
  • カウンター — カウンター変数
  • データ範囲 — 結果を入れる

リスト:

  • 調べるデータ群 — 調べる対象の数値データ群

手順1

まず、リスト内の最大値を調べる。これは、次のスクリプトでシンプルに実現できる。

[カウンター v] を [0] にする
[最大値 # v] を [0] にする
([調べるデータ群 v] の長さ::list) 回繰り返す
[カウンター v] を (1) ずつ変える
もし <((カウンター) 番目([調べるデータ群 v])) > (最大値 #)> なら
[最大値 # v] を ((カウンター) 番目([調べるデータ群 v])) にする
end
end

手順2

次に、リスト内の最小値を調べる。これには、先ほどのリストをちょっと変えて、「>」ブロックを「<」 にしてから、さらに保存する変数を変更すればよい。最小値の初期値には、先ほど調べた最大値を入れておく。

[カウンター v] を [0] にする
[最小値 # v] を (最大値 #) にする
([調べるデータ群 v] の長さ::list) 回繰り返す
[カウンター v] を (1) ずつ変える
もし <((カウンター)番目([調べるデータ群 v])) < (最小値 #)> なら
[最小値 # v] を ((カウンター) 番目([調べるデータ群 v])) にする
end
end

手順3

最後に、最大値から最小値を引けば、データの分布範囲がわかるので、これを変数「範囲」に入れる。

[データ範囲 v] を ((最大値 #) - (最小値 #)) にする

方法 2

最初にデータリストを並び替えしておけばより簡単に範囲が求められる。具体的には、リストを並び替えた後、次のスクリプトを実行する。

[データ範囲 v] を (((最後 v) 番目([調べるデータ群 v])) - ((1 v) 番目([調べるデータ群 v]))) にする

関連項目