提供: Japanese Scratch-Wiki

2018年8月14日 (火) 09:16時点におけるApple bot (トーク | 投稿記録)による版 (ひらがなヘッダの追加 (Bot))
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。
Warning 警告: もしあなたのOSがWindowsなら、このページに書かれている手順を実行するときに、管理者権限が必要になるかもしれません。詳しくはヘルプ:管理者権限とはをご覧ください。

Scratch 1.4では、デフォルトのスプライトはScratchキャットになっています。これは次の方法で変更できます:

作る

まずは、スプライトの中身を作りましょう。

変更する

できたスプライト(既存のものでもいい)を右クリックし、「このスプライトを書き出す」をクリックします。Scratchのコスチュームフォルダ(多くの場合、Cドライブ内をProgram files→Scratch→Media→Costumesと進む)にいき、defaultと言う名前で保存します。上書きの確認は、「はい」を押します。次にあなたがScratch 1.4を開くとき、そのスプライトがデフォルトで表示されています。