提供: Japanese Scratch-Wiki

(ページの作成:「{{廃止された機能}} このチュートリアルでは、Scratch 1.4のテンキーの検出方法を説明します。 == スクリプト == () キーが押...」)
 
(参照: 翻訳の統一。)
21行目: 21行目:
 
* 本物のようなOSを作る
 
* 本物のようなOSを作る
  
== 参照 ==
+
==関連項目==
 
* [[() キーが押された (ブロック)|() キーが押された]]
 
* [[() キーが押された (ブロック)|() キーが押された]]
  
 
[[en:Number Pad Detection]]
 
[[en:Number Pad Detection]]

2017年4月5日 (水) 04:24時点における版

Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。

このチュートリアルでは、Scratch 1.4のテンキーの検出方法を説明します。

スクリプト

() キーが押されたときは、数字のキーが押された場合に反応します。しかし、() キーが押されたは、テンキーは検出しません。

次のスクリプトを加えてください:

[1 v]キーが押されたとき
もし<[1 v]キーが押された>なら
[ナンバーのタイプ v]を[普通の1]にする
でなければ
[ナンバーのタイプ v]を[テンキーの1]にする

1のテンキーを検出するスクリプトができました。同じように、ほかの9つも作ります。

使用例

  • 隠しメニューを作る
  • 本物のようなOSを作る

関連項目