提供: Japanese Scratch-Wiki

2018年7月6日 (金) 05:58時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「thumb|180px|right|セミコロンのバグを再現した様子 '''セミコロンのバグ'''はScratchのバグで、画...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

セミコロンのバグを再現した様子

セミコロンのバグはScratchのバグで、画面の左下にセミコロン(;)が表示されるものだった。これは2013年9月17日に最初に報告された。[1]

原因

以下のようなコードが原因とされる。[2]

    <script>
      $('#topnav .messages').notificationsAlert()
    </script>;

本来scriptタグ内にあるべきセミコロンが、外に出ていた。

影響

このバグはそれほどの影響を及ぼしていない。ページの高さが18ピクセル高くなるだけだった。ただし、Scratchのプロジェクトエディターは高さがブラウザぴったりになるように設計されたため、余計なスクロールバーが表示された。

修正

このバグは9月27日に修正された。

反応

Scratchコミュニティではこのバグは「おもしろいもの」とされ、Scratchチームに存続の声を上げた。修正後も、エイプリルフールで表示するよう提案があり、以降ほとんどのエイプリルフールにて出現している。

修正後、いくらかのユーザーは署名にセミコロンを設定した。

エイプリルフール

2014年は、セミコロンは予告なく追加された。また、2016年にはセミコロン模様の絵文字ができた。絵文字はエイプリルフールが終わったときに廃止された。2017年・2018年も同様なことができたが、絵文字は通常のセミコロンを表示するシンプルなものになった。2018年では、すべてのScratch Wikiのページにもセミコロンが追加された。

出典

  1. http://scratch.mit.edu/discuss/topic/16113/?page=1#post-141963
  2. https://scratch.mit.edu/discuss/post/141963/