提供: Japanese Scratch-Wiki

2019年1月19日 (土) 07:37時点におけるT-taku (トーク | 投稿記録)による版 (なんだ<big>大きなテキスト</big>って)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
Archive.png この項目またはセクションには、Scratch 3.0の現行バージョンに含まれていない機能が記載されています。これは歴史的な観点からのみ有用です。
Scratch 3.0まで、Scratchはスマートフォンなどでは動かなかった。しかし動かす方法がある。

なぜ動かなかったか

Scratch2.0は、エディター、作品の実行等にFlashというものを使っていたがFlashプレイヤーがスマホやタブレット等には入っていないことが多かった。

さらにFlashプレイヤーはスマホ等には入れることができなかった。ここではScratchの作品をスマートフォンで動かす方法を解説する。

ピョンキー

Warning メモ: ピョンキーを使う方法は、iOS端末以外では、使うことができない

ピョンキーはScratch 1.4をもとに開発されたiOSで動くビジュアルプログラミング環境である 。SoftUmeYaによって開発され、2014年8月26日にリリースされた。

詳細は「ピョンキー」を参照

ピョンキー.png

ピョンキーはScratch1.4をもとに作られているため、Scratch1.4の作品とは互換性があるが、Scratch2.0や、それを使って作成された作品を動かしたい場合はこの方法では動かすことができない。

Scratch2.0を動かす

Flashプレイヤーを搭載したブラウザがある。

Puffin Browserというものだ。

これを使えばスマートフォンなどでも、Scratch2.0を動かすことができた。