提供: Japanese Scratch-Wiki

2021年9月18日 (土) 07:36時点におけるPoteto143 (トーク | 投稿記録)による版 (内容を最新の物に合わせた)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このきじは ひらがなのページがあります。ひらがなでよむ
注目の記事.png この記事は2018年5月の注目の記事です。
スタジオの外観
スタジオのキュレーター欄

スタジオとは、作品をまとめることのできるページである。

作成と削除

作成

私の作品ページから、「新しいスタジオ」ボタンを押すと作成できる。

削除

私の作品ページのスタジオタブから、削除したいスタジオの右にある「Delete」を押すと削除できる。


タイトル、画像、説明

タイトル

スタジオには、タイトルをつけないといけない。

画像

デフォルトのスタジオ画像

スタジオには、画像をつけることができる。設定しない場合はじめははネコのシルエットの画像が使われる。プロジェクトを入れると、最後に入れたプロジェクトの画像になる。サイズは縦120x横200。

説明

スタジオには、説明文がつけられる。

キュレーターとマネージャー

キュレーター

スタジオに招待された人はキュレーターとなる。また、自分がキュレーター(かマネージャー)のスタジオに変更があったときは、メッセージが届く(一日分の変更を、AM9:00ぐらいにお知らせする。) キュレーターは、次のことができる:

  • スタジオへの作品追加
  • 自分が追加した作品の削除
  • 自分自身をキュレーターから削除すること

マネージャー

マネージャーは、スタジオを管理できる。また、スタジオの作成者は、マネージャーとなる。〈私の作品では、所有者と印される。〉(このマネージャーはほかと違い削除できない) 1つのスタジオには40人までマネージャーを置くことができる。スタジオのマネージャーが既に40人かそれ以上に達している場合、キュレーターをマネージャーに昇格させることができなくなる。 マネージャーは、キュレーターができることに加えて次のことができる:

  • スタジオ内の全ての作品の削除
  • キュレーターの昇格(40人まで)
  • キュレーター、スタジオ作成者以外のマネージャーの削除
  • キュレーターの招待
  • 誰でも作品が入れられるようにする設定の変更

以前はスタジオのタイトル、画像、説明文の変更が可能だったが、7/6(日本時間)のアップデートでScratchチームが制限をかけたことによってできなくなった。[1]

スタジオの保有者

スタジオの保有者の移動先を選択する
確認のためにパスワードを入力する

スタジオの作成者はマネージャーの中でもさらに上位の権限を持つスタジオの保有者となる。 スタジオの保有者は、マネージャーができることに加えて次のことができる:

  • スタジオのタイトル、画像、説明文の変更
  • スタジオの保有者の移動

スタジオの保有者を他の人に移動させるためには、現在のスタジオの保有者が移動先のマネージャーを選択し、確認のためにパスワードを入力する必要がある。

キュレーターになるには

マネージャーにより招待された場合は、メッセージが届く。そのスタジオのキュレータータブには"Click here to accept."とリンクがあり、クリックするとキュレーターになる。自分自身を削除した後にはメッセージは出ない。

スタジオを荒らされないために

スタジオを荒らされたくない場合は、無闇やたらと、信頼できない人をキュレーター・マネージャーにするべきではない。

また、関係のない作品を投稿してほしくない場合は、Allow anyone to add projectsのチェックをはずすとよい。

こうすることで、キュレーター・マネージャーになっていない人が荒らすことはできなくなる。


作品の追加と削除

追加

誰でも作品が入れられるスタジオや、自分がキュレーター・マネージャーのスタジオに作品を追加するときには、「全プロジェクト」ボタンをクリックして、作品のURLを入力する。また、「共有したプロジェクト」「お気に入り」「最近見たもの」からも追加が可能である。

削除

自分が追加した作品、自分がマネージャーのスタジオの作品は、作品にカーソルを合わせた際に右上に表示される×ボタンで削除できる(作品自体は削除されない)。


コメント

スタジオにも、プロフィールページプロジェクトページにあるようなコメント欄がある。

コメント削除

スタジオのコメントを削除できるのは自分がマネージャーであるスタジオの自分のコメントのみである。それ以外のコメントはスクラッチチームに報告されて削除される以外方法がない。

返信制限

スタジオでのコメントの返信には、25件の制限がかかっている。一つのコメントに25件の返信がされると、それ以降はそのコメントに新しく返信できなくなる。

フォロー

スタジオはフォローすることができる。スタジオをフォローすると、プロフィールページの「私がフォローしているスタジオ」に追加される。

AEスタジオ

100個以上作品が入った際の表示

テーマ性がなく、たくさんの作品を追加しようとするスタジオのことを、AEスタジオ(Add Everything studio)と呼ぶ。AEスタジオ規制として、作品数が100個以上の場合、作品数を100個以上と表す表示がある。

スタジオのタブ

スタジオには、いくつかのタブ(ページ)が存在する。

左から、「プロジェクト」「コメント」「キュレータ」「活動内容」となる。

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。