提供: Japanese Scratch-Wiki

(リンクの修正。)
18行目: 18行目:
 
== キュレーターとマネージャー ==
 
== キュレーターとマネージャー ==
 
=== キュレーター ===
 
=== キュレーター ===
スタジオに招待された人はキュレーターとなる。また、自分がキュレーター(かマネージャー)のスタジオに変更があったときは、メッセージが届く(一日分の変更を、AM9:00ぐらいにお知らせする。)
+
スタジオに招待された人はキュレーターとなる。また、自分がキュレーター(かマネージャー)のスタジオに変更があったときは、[[メッセージ_(ユーザー)|メッセージ]]が届く(一日分の変更を、AM9:00ぐらいにお知らせする。)
 
キュレーターは、次のことができる:
 
キュレーターは、次のことができる:
 
* スタジオへの作品追加
 
* スタジオへの作品追加
35行目: 35行目:
  
 
=== キュレーターになるには ===
 
=== キュレーターになるには ===
マネージャーにより招待された場合は、[[メッセージ]]が届く。そのスタジオのキュレータータブには"Click here to accept."とリンクがあり、クリックするとキュレーターになる。自分自身を削除した後にはメッセージは出ない。
+
マネージャーにより招待された場合は、[[メッセージ_(ユーザー)|メッセージ]]が届く。そのスタジオのキュレータータブには"Click here to accept."とリンクがあり、クリックするとキュレーターになる。自分自身を削除した後にはメッセージは出ない。
  
 
== 作品の追加と削除 ==
 
== 作品の追加と削除 ==

2017年3月21日 (火) 22:41時点における版

スタジオとは、作品をまとめることのできるページである。

作成と削除

作成

私の作品ページから、「新しいスタジオ」ボタンを押すと作成できる。

削除

私の作品ページのスタジオタブから、削除したいスタジオの右にある「Delete」を押すと削除できる。


タイトル、画像、説明

タイトル

スタジオには、タイトルをつけないといけない。

画像

スタジオには、画像をつけることができる。

デフォルトのスタジオ画像

設定しない場合はネコのシルエットの画像が使われる。サイズは縦120x横200。

説明

スタジオには、説明文がつけられる。

キュレーターとマネージャー

キュレーター

スタジオに招待された人はキュレーターとなる。また、自分がキュレーター(かマネージャー)のスタジオに変更があったときは、メッセージが届く(一日分の変更を、AM9:00ぐらいにお知らせする。) キュレーターは、次のことができる:

  • スタジオへの作品追加
  • 自分が追加した作品の削除
  • 自分自身をキュレーターから削除すること

マネージャー

マネージャーは、スタジオを管理できる。また、スタジオの作成者は、マネージャーとなる(このマネージャーはほかと違い削除できない) マネージャーは、キュレーターに加え、次のことができる:

  • スタジオのタイトル、画像、説明文の変更
  • スタジオ内の作品の削除(追加した人にかかわらず)
  • キュレーターの昇格
  • キュレーター、スタジオ作成者以外のマネージャーの削除
  • キュレーターの招待
  • 誰でも作品が入れられるようにする設定の変更

キュレーターになるには

マネージャーにより招待された場合は、メッセージが届く。そのスタジオのキュレータータブには"Click here to accept."とリンクがあり、クリックするとキュレーターになる。自分自身を削除した後にはメッセージは出ない。

作品の追加と削除

追加

誰でも作品が入れられるスタジオや、自分がキュレーター・マネージャーのスタジオに作品を追加するときには、「全プロジェクト」ボタンをクリックして、作品のURLを入力する。

削除

自分が追加した作品、自分がマネージャーのスタジオの作品は、作品の右上にある×ボタンで 削除できる(作品自体は削除されない)


コメント

スタジオにも、プロフィールページプロジェクトページにあるようなコメント欄がある。

コメント削除

スタジオのコメントは、以下の条件を満たしていれば削除が可能。

  • 自分がマネージャーである
  • 自分のコメントである

それ以外のコメントはスクラッチチームに報告されて削除される以外方法がない。これは、スタジオの公共性を守るためである。

AEスタジオ

テーマ性がなく、たくさんの作品を追加しようとするスタジオのことを、AEスタジオ(Add Everything studio)と呼ぶ。AEスタジオ規制として、作品数が100個以上の場合、作品数を100+と表す表示がある。

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。