提供: Japanese Scratch-Wiki

2017年7月30日 (日) 05:59時点におけるKurankuran (トーク | 投稿記録)による版 (英語版からの翻訳:英語版でも情報の追記をもとめるコメントがついていたので、こちらもstub扱いにしました。)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

このチュートリアルでは、スクロールタイプのゲームで、垂直や水平に動くしかけや敵を作る方法を説明する。

Warning メモ: 次のスクリプトで使用した値は、サンプル用のものである。必要に応じて調整してほしい。
Document stub.png この項目は、書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。

@ がクリックされたとき
ずっと
  x座標を ((スクロールした結果の点) + (x移動位置)) にする
end

@ がクリックされたとき
ずっと
   (100) 回繰り返す
    [x移動位置 v] を (2.5) ずつ変える
  end
  (100) 回繰り返す
     [x移動位置 v] を (-2.5) ずつ変える
  end
end

このスクリプトを配置したスプライトは、前後への移動を繰り返しながら、全体としては、他のオブジェクトと同じようにスクロールしていくように見える。

動作のしくみ

変数 x移動位置 は、スプライトの基本の位置 (静止しているときのスクロール画面内での場所) からスプライトをどれだけずらすか、を表している。スーパーマリオのようなタイプのゲームでは、このしくみを利用する機会が多いだろう。

関連項目