提供: Japanese Scratch-Wiki

< クローン

2019年1月2日 (水) 04:28時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (Apple bot (トーク) による編集を 227kei による直前の版へ差し戻しました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

これはひらがな記事です。元記事に戻る
クローンをじっさいにじっこうしたときのがぞう。

クローンとはプロジェクトがじっこうされているあいだにひとつのスプライトをコピーすることで、このコマンドはタワーディフェンス やしゅびけいのゲームにひとつのステージにたくさんのてきをつくるのにつかえる。 クローンされたスプライトはもとのスプライトとみためはおなじだが、じっこうするブロックはべつになる。 クローンは301こまでつくることができ、それいじょうのクローンをつくると、パソコンがうごかなくなることがある。Scratchでは、コンピューターをとめるためのプロジェクトのきょうゆうをきんししている。


Scratchをもとにしたソフトウェアでのクローン

 Scratchをもとにしてつくられたソフトウェア(Scratch modifications)でのクローンにはべつべつのタイプがあり、 ひとつは"Panther-style cloning"、もうひとつは"BYOB-style cloning"という。(この2つのソフトウェアはえいごである)

 "Panther-style cloning"はクローンをつくるともとのスプライトにせっていしたブロックはひきつがれるがあたらしいスプライトとしてはあつかわない。ほかのスプライトはクローンにTouch()コマンドはつうじょうどおりつかうことができる。

 もうひとつの"BYOB-style cloning"はクローンするとまったくべつスプライトになり、ブロックのへんしゅうもできる。 クローンするにはせんようのブロック、Cloneをつかうことになる。

クローンブロック

Scratch 2.0では、クローンにかんしてつぎの3このブロックがどうにゅうされた。すべて制御ブロック/ひらがなに含まれる。

() のクローンをつくる

詳細は「() のクローンを作る (ブロック)/ひらがな」を参照
[じぶんじしん v] のクローンをつくる::control

このブロックは、していしたスプライトをクローン(ふくせい)する。Scratch Day 2011プレアルファバージョンでは、スプライトをせんたくするためのドロップダウンリストはそんざいしなかった。

create clone ::control

ほかのクローンをさいきてきにクローンかすることもかのう。

クローンされたとき

詳細は「クローンされたとき (ブロック)/ひらがな」を参照
クローンされたとき

このハットブロックは、クローンがさくぜいされるとアクティブになる。いぜんさくせいしたクローンやおやスプライトではなく、あたらしくさくせいしたクローンでのみじっこうされる。

このクローンをさくじょする

詳細は「このクローンを削除する (ブロック)/ひらがな」を参照
このクローンをさくじょする::control

このキャップブロックは、じっこうされたクローンをさくじょする。

スプライトをまるごとふくせいする

 つぎのほうほうをつかえば、クローンブロックをつかわずにスプライトをふくせいできる。

ほうほう1.ふくせいしたいスプライトを右クリックし、"ふくせい"をクリックする。
ほうほう2.みどりのはたのうえにあるスタンプのマークをクリックしてから、ふくせいしたいスプライトをクリックする。

このほうほうをつかったばあい、スクリプト、コスチューム、おとがすべてふくせいされる。

クローンしたあとのへんすうについて

 「このスプライトのみ」をせんたくしてさくせいしたへんすうについては、クローンごとにべつべつのあたいになる。