提供: Japanese Scratch-Wiki

2016年10月10日 (月) 01:18時点におけるApple502j (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「Scratchのサーバーのエラーには、次の種類がある。 == 503エラー == Webサイトがダウンしたときに出る。更新で直ることが多い。...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

Scratchのサーバーのエラーには、次の種類がある。


503エラー

Webサイトがダウンしたときに出る。更新で直ることが多い。なお、長期間のサーバーダウンに備えて、オフラインエディターのダウンロードリンクがある。
Webサイトダウンによる503エラー


500エラー

Webサイトに大規模な更新がある場合に出る。1日程度放置すれば直る。これも503と同じで、オフラインエディターのダウンロードリンクがあるほか、画面更新用のマークもある。
Webサイト更新による500エラー


404エラー

このエラーはよくあるエラーである。存在しないページにアクセスしたときに出る。ページ検索用の検索画面が付いている。
存在しないページのアクセスによる404エラー


403エラー

非常にまれであるが、プロジェクトのリミックス時などに出る場合が出る。アクセスが拒否されたときに出る。Scratch Teamに連絡するメールアドレスが書いてあり、クリックすると連絡できる。
アクセス拒否による403エラー


見るには

503エラーは、サーバーが込み合う土日などに見ることができる。他のエラーは、500をここで、404をここで、403をここで見ることができる。