提供: Japanese Scratch-Wiki

1行目: 1行目:
 
{{ひらがなヘッダ}}[[ファイル:アカウント作成ブロック.png|thumb|200px|right|アカウント作成ブロック]]
 
{{ひらがなヘッダ}}[[ファイル:アカウント作成ブロック.png|thumb|200px|right|アカウント作成ブロック]]
 
[[ファイル:アカウントブロック.png|thumb|200px|right|アカウントをブロックされた画面]]
 
[[ファイル:アカウントブロック.png|thumb|200px|right|アカウントをブロックされた画面]]
'''アカウントブロック'''とは、[[Scratchチーム]]にアカウントをブロックされることを指す。
+
'''アカウントブロック'''(英: account blocking/banning)とは、[[Scratchチーム]]にアカウントをブロックされることを指す。アカウントがブロックされると、ログインしたままではScratch上のほとんどのページにアクセスできないようになる。アカウントがブロックされたことは、本人以外にはわからない。
  
なお、Scratchチームから「次回はアカウントブロックになることがあります」などの何らかの警告([[アラート|メッセージ]])が来てからアカウントブロックされることもある。
+
アカウントブロックは自動検閲を含むさまざまな理由によって起こる。期間があらかじめ定められたものや、その定めがないブロック('''無期限ブロック''', perma-ban)もある。本アカウントがブロックされた場合[[サブアカウント]]もブロック対象になり、'''アカウントブロック期間中にサブアカウントを作成することは利用規約に違反する'''。アカウントがブロックされた場合、アカウントの所有者はブロック理由が記されたページにあるフォームまたはメール(appeals@scratch.mit.edu)にて異議を申し立てることができる。
 
 
本アカウントがブロックされた場合[[サブアカウント]]もブロック対象になる(ここでいうサブアカウントとは、メールアドレスが同一のものを指す)。
 
 
 
 
 
さらに、悪質なユーザーの場合、新しいアカウントの作成をブロックされることがある。多くの場合、敬意を示さない、不適切なユーザー名、[[スパム]]などの[[コミュニティーガイドライン]]や[[利用規約]]の違反が原因でブロックとなる。ブロックには期限があるものと無期限のものがある。違反を続けると、アカウントを削除されることがある。後者はいわゆる'''ban'''である。
 
 
 
また、アカウントブロックをされた場合のページには、[[Scratchチーム]]への[[報告|レポート(抗議)]]フォームがある。
 
 
 
いかなる場合でも'''アカウントブロックを逃れるために新しいアカウントを作成することは禁止されている。'''
 
  
 
== 原因 ==
 
== 原因 ==
アカウントブロックの主な原因は、コミュニティーガイドライン違反や利用規約違反が多くある場合などである。具体的な例として以下のようなものがある。
+
コミュニティーガイドラインや利用規約に違反したアカウントはブロックされる。ただし、多くの場合は[[アラート|Scratchチームからのメッセージ(アラート)]]が届くだけで済む。以下は主な例である:
*不適切な利用者名
 
*スパム
 
*不適切な投稿(利用規約違反,コミュニティーガイドライン違反等)
 
*なりすまし
 
 
 
また、自分の投稿やプロジェクトが複数人に報告された場合にも一時ブロックされる。だが、自動ブロックのため、これで無期限ブロックとなることはない。
 
  
Scratch Wikiでアカウントを無断で2つ以上作成した場合は、'''一発で'''無期限ブロックされる。
+
* 不適切な利用者名
 +
* スパム
 +
* 不適切な投稿
 +
* なりすまし
 +
* プロジェクトなどが複数回報告され、自動的に検閲されたため
  
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==
[[アカウントの削除#ブロックに伴う削除]]
+
* [[アカウントの削除#ブロックに伴う削除]]
 
[[カテゴリ:Scratchウェブサイト]]
 
[[カテゴリ:Scratchウェブサイト]]
 
[[en:Ban]]
 
[[en:Ban]]

2020年12月20日 (日) 19:31時点における版

このきじは ひらがなのページがありません。ごめんなさい。
アカウント作成ブロック
アカウントをブロックされた画面

アカウントブロック(英: account blocking/banning)とは、Scratchチームにアカウントをブロックされることを指す。アカウントがブロックされると、ログインしたままではScratch上のほとんどのページにアクセスできないようになる。アカウントがブロックされたことは、本人以外にはわからない。

アカウントブロックは自動検閲を含むさまざまな理由によって起こる。期間があらかじめ定められたものや、その定めがないブロック(無期限ブロック, perma-ban)もある。本アカウントがブロックされた場合サブアカウントもブロック対象になり、アカウントブロック期間中にサブアカウントを作成することは利用規約に違反する。アカウントがブロックされた場合、アカウントの所有者はブロック理由が記されたページにあるフォームまたはメール(appeals@scratch.mit.edu)にて異議を申し立てることができる。

原因

コミュニティーガイドラインや利用規約に違反したアカウントはブロックされる。ただし、多くの場合はScratchチームからのメッセージ(アラート)が届くだけで済む。以下は主な例である:

  • 不適切な利用者名
  • スパム
  • 不適切な投稿
  • なりすまし
  • プロジェクトなどが複数回報告され、自動的に検閲されたため

関連項目