提供: Japanese Scratch-Wiki

このきじは ひらがなでよめません。ごめんなさい。編集者向け:作成する

お店とポイント制売買(原題: Shops and buying/selling things for points)は、2019年2月11日に出された方針である。Scratchチームdietbaconによって出された。その後、ルール5が追加された。

原文

Hi!

We wanted to make a post today to help provide some guidelines and clarify our policies around the use of points or virtual currencies to buy and sell sprites, art, or other things on Scratch. It’s great that people are using these to make new and creative projects for Scratch, but there are a few trends we see happening that could cause problems.

Some specific things we want to address are:

     1. Participation in these point systems must be completely optional. You can create a studio with rules that you would like people to follow, but all of Scratch’s Community Guidelines still apply. For example, all projects on Scratch are remixable. If someone doesn’t give you ‘points’ for something, they can still remix, re-color, and share parts of those projects on Scratch as long as they follow the Community Guidelines.
     2. It is not okay to say mean things, demand that Scratchers  ‘pay’ if they have remixed or used something from your projects, or encourage others to post mean comments to someone because they didn’t participate in the point system.
     3. Many of the projects being created require people to agree to some set of rules they must follow. Your project can include a list of rules, but it shouldn’t insist people do anything that doesn’t line up with our Community Guidelines.
     4. Using something that feels like a real currency, such as creating a new crypto-currency for these studios, is not allowed  on Scratch. Creating your own pretend point system that you keep track of in projects, comments, or studios is fine, but you should avoid doing anything that feels more like real money than this. Scratch isn’t meant for advertising or buying and selling things with real-world money.
     5. It is not okay to use Scratch social actions such as likes, favorites, or follows as a form of payment. Scratch social actions should always be something that Scratchers give freely, not something they do because they are getting “paid” for it.


If you have any questions or concerns about these rules, we encourage you to contact us about this.

Scratch on!

非公式訳

こんにちは!

ここでは、Scratch上にてポイントや仮想通貨を用いたスプライト、絵、あるいはその他のものの売買をするときのガイドラインを提示し、わたしたちの方針を明確にします。これらを用いてScratchで新しい、創造的なプロジェクトを作るのはすばらしいですが、流行しているもののうちいくらかは問題を起こす可能性があります。

明示しておきたいものは以下のとおりです:

     1. ポイント制への参加は任意でないといけません。人々が守るべきルールを書いたスタジオを作ってもいいですが、コミュニティーガイドラインは適用されます。たとえば、Scratchのプロジェクトはすべてリミックスできます。もし誰かがポイントを取引しなかったとしても、リミックス、色の変更、プロジェクトの共有などは、コミュニティーガイドラインを守っている限り許可されます。 
     2. 意地悪なことを言ったり、リミックスやプロジェクトを使用した人に料金を支払うよう要求したり、ポイント制に参加していないことを理由に他人に意地悪なことを言わせるよう勧めるのはよくありません。
     3. プロジェクトの多くには、従わないといけないルールに同意することが必要だとあります。プロジェクトにルールを書いてもいいですが、コミュニティーガイドラインにない決まりを理由に言い張ってはいけません。
     4. 現実の通貨みたいなもの、たとえば新しい暗号通貨を用いるのは、Scratchでは禁止されています。プロジェクトやコメント、スタジオで履歴を確認できるポイントのようなものを作るのは大丈夫ですが、本物の通貨のようにすることは避けましょう。Scratchは現実のお金で売買する場所ではありません。
     5. Scratchでのソーシャル・アクション、たとえば好き、お気に入り、フォローなどを支払い手段として使ってはいけません。ScratchのソーシャルアクションはScratcherたちが自由に行うもので、支払いのためにするものではありません。

もしこれらのルールに質問や懸念があれば、連絡先より教えてください。

Scratchを続けていきましょう!
Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。